MENU

西宮ストークス

NISHINOMIYA STORKS

MENU
HOME > 本拠地移転や神戸市内での取り組みに関するレポート
 

本拠地移転や神戸市内での取り組みに関するレポート

 
いつも西宮ストークスを応援いただきありがとうございます。

9月23日(金・祝)に神戸市で行いました『Autumn Festival in Kobe』内にて発表させていただいました本拠地移転や神戸市内での取り組みにつきまして、以下のレポートにまとめましたのでご覧ください。




 

神戸移転時期について

「西宮ストークスは、Bリーグが掲げる2026年から新設される新リーグの参入を目指します。」
それを達成させるには、2026年から新設されるリーグの参入条件である売上基準9億、集客4000人については2023-24シーズン中に達成させる必要があります。
また2024-25シーズン中に完成する新アリーナは最大1万人以上の収容と計画されており、神戸市内での早期認知拡大に向けて、
翌シーズンである2023-24シーズンから神戸市へ移転します。

新アリーナが完成するまでの間、ワールド記念ホールを本拠地とさせていただく計画です。



※ワールド記念ホール(神戸ポートアイランドホール)〒650-0046 神戸市中央区港島中町6-12-2
※移転後のロゴ、チーム名等については、来夏発表予定です。


 

新アリーナについて

「ウォーターフロント、都心を彩る新たなランドマークに」
三宮市街地からの徒歩圏内、多くの多様性を受け入れる神戸港という都心に、神戸のこれからの歴史を創るアイコニックなアリーナが生まれます。西宮ストークスは2024-25シーズン途中からこのアリーナを本拠地とする予定です。








 

【令和4年度神戸市における地域運動部活動推進事業」業務受託について

株式会社ストークス(アカデミーディビジョン)は「令和4年度神戸市における地域運動部活動推進事業」業務委託に係る公募型プロポーザルの事業に応募し、採択されました。契約締結日から令和5年2月28日までで、神戸市内の中学校にストークスのバスケットボールコーチを派遣します。

※詳細:https://www.city.kobe.lg.jp/a33992/kosodate/education/chiikibukatudou.html