MENU

西宮ストークス

NISHINOMIYA STORKS

MENU
HOME > ニュース > 【GAME RESULT】1/31 HOME 古野電気 presents VS.香川ファイブアローズ

【GAME RESULT】1/31 HOME 古野電気 presents VS.香川ファイブアローズ

B.LEAGUE 2020-21 SEASON 第19節 GAME2【HOME】
古野電気 presents 西宮ストークス VS . 香川ファイブアローズ

 


日程:1月31日(日)14:00 TIPOFF
開場:西宮市立中央体育館

試合結果▶BOXSCORE
西宮         香川
24    1Q      14
21    2Q      27
22    3Q      15
25    4Q      26
92  TOTAL    82
 
ヘッドコーチ/選手コメント
■マティアス・フィッシャーHCコメント
昨日に引き続き良いオフェンスを展開できた。
試合全体を通して昨日とはまた違った部分はあったが良い試合ができたと思う。
ウッドベリー選手にはかなりの得点をとられてしまったが、一人で試合を勝ち切ることはできない。
西宮はほぼ二桁得点の選手が5名おり、誰が得点してくるかもわからないというバスケをしており、たとえ一人に38得点されても、自分たちのチームのバスケットをすると勝てるということが証明できたと思う。

オフェンスリバウンドが12、アシストが20という数字はよかったと思うが、ターンオーバーの12という数字はまだ減らすことができる。2日目ということで仕方のないターンオーバーはいくつかあったので総合的には満足ができる結果だった。

ここからまだまだシーズンは続きます。
本当に大切な試合がまだまだ続いていくことになるので、現時点で怪我無く全員がコートに立てているのはこの先勝っていくうえで一つ重要な材料になると思う。この先のタフな戦いもしっかりと健康に戦っていきたいと思う。

■シェイク・ムボジ 選手 コメント
香川が昨日に比べてアグレッシブに強く挑んでくるということはわかっていたので、それに対応し勝利することができたことを嬉しく思う。
ただ、香川がどんな戦法を用いようが、自分たちはコーチの指示に従い自分たちのバスケットをする。それがバスケ選手として、プロとしての仕事だと思っている。そしてその結果勝利を勝ち取る。それがすべてだと思っている。

■濵高康明 選手 コメント
昨日とはまた違った試合展開で難しい状況もあったが、最後は西宮らしいバスケで勝つことができてよかった。
前半戦で少し負けすぎてしまったので後半戦は特に一戦一戦が大切になってくる。
同地区対決も増えるので今の良いチームの状態を維持して一戦一戦大切に戦っていきたい。
 
GAME HIGHLIGHT