MENU

西宮ストークス

NISHINOMIYA STORKS

MENU
HOME > ニュース > 【GAME RESULT】1/10 HOME サンワカンパニー presents VS.青森ワッツ

【GAME RESULT】1/10 HOME サンワカンパニー presents VS.青森ワッツ

サンワカンパニー presents
B.LEAGUE 2020-21 SEASON 第16節 GAME2【HOME】


日程:1月10日(日)14:00 TIPOFF
開場:西宮市立中央体育館

試合結果▶BOXSCORE
西宮         青森
30    1Q      18
19    2Q      22
29    3Q      24
20    4Q      16
98   TOTAL    80
 
ヘッドコーチ/選手コメント
■マティアス・フィッシャーHCコメント
全ての選手たちが非常に素晴らしい仕事をしてくれた思う。
「勝ちたい」という感情やこの試合に臨む強い「気持ち」がアグレッシブなプレーに表れた試合だった。
オフェンスでも最終的に98得点することができ、自信を持ってプレーするということを選手たちがしっかりとコート上で示してくれたと思う。昨日課題だった相手の3Pも今日は30%に抑えることができた。自分たちよりもサイズが大きい相手に対してリバウンドの数字で11本も上回ることができたのが大きかった。福田選手も素晴らしいORの意識を持ち、実際にとってくれたことはチームの助けになった。チームで15本のオフェンスリバウンドは素晴らしい数字。
スタッツの数字としても素晴らしく、2勝できたということを非常に嬉しく思う。

■今野翔太 選手 コメント
非常に良かったとは言い切れないが、昨日よりは良い出だしで戦うことができた。点差を縮められても大きく縮められることはなく、安心した試合運びができたと思う。
昨日の試合を振り返り、空いたスペースに飛び込むことを意識したことで中に入って相手のディフェンスを崩していくポイントを作ることができた。
試合を重ねていく中で、選手同士やHCとのコミュニケーションをとり、大きいサイズのチームに対しても仲間同士の得意不得意の特徴も掴んだうえで助け合いながらチームで戦う意識がさらに強くなってきている。ただ、今日の試合でも80失点。まだまだです。
次節からまた上位チームとの対戦も控えているので、今日の試合を良いきっかけに気持ちよく終われるようにしていきたい。

■渡邊翔太 選手 コメント
勝たないといけないという状況で2連勝できたことが何よりよかった。
1Qでは相手に良いプレッシャーをかけることができ、しっかりと抑えることができた。後半はイージーな得点でやられてしまった部分もあったので改善していきたい。
後半戦に向けて、オフェンス面ではジョーンズ選手に頼りすぎてしまっている部分、ディフェンス面では3Pも含めてイージーにスコアされ過ぎている部分を修正していきたい。

■道原紀晃 選手 コメント
2021年最初のホームゲームを2連勝できたことにホッとしている。
昨日のゲームでは青森の外角のシュートがよくはいっていたので今日はそこを修正しつつアグレッシブにディフェンスできたことがオフェンスの98得点に繋げることができた。
今シーズンはベンチスタートが多いが、ゲームの流れも読みながらチームにとプラスになることを意識しつつ、常に強気にいこうという気持ちで挑んでいる。
これからの後半戦、プレイオフに出場するにはどの試合も落とせない。コロナ禍ということもあり、いつどのタイミングでプレイオフが決まるかもわからない中なのでひとつひとつ勝利を積み重ねていきたい。
 
GAME HIGHLIGHT