MENU

西宮ストークス

NISHINOMIYA STORKS

MENU
HOME > ニュース > 【GAME RESULT】12/27 HOME VS.愛媛オレンジバイキングス

【GAME RESULT】12/27 HOME VS.愛媛オレンジバイキングス

B.LEAGUE 2020-21 SEASON
 【HOME】第14節 GAME2 

 


日程:12月27日(日)14:00 TIPOFF
開場:西宮市立中央体育館
BOXSCORE

西宮         愛媛
22    1Q      22
29    2Q      16
25    3Q      27
19    4Q      24
95   TOTAL    89
 
ヘッドコーチ/選手コメント
■マティアス・フィッシャーHCコメント
両チームの得点の合計が170点を超えるような試合で、魅力的な試合だったと思う。
今日の試合はディフェンシブな試合にしようというプランで挑んだ。その中でも結果的に95点とることができており、昨日とは異なり選手たちがシュートを決めてくれたということが非常に良かった。
愛媛が終盤で追い上げてくる場面はあったが、それに対して自分たちが正しい対応、判断を返すことができたことが今日の勝利へつながった。
2020年は例年と違った1年であり、様々な周りの環境がチームにも影響を与えるといった状況だった。そんな中でもチームの選手やスタッフ、フロントスタッフも含めて健康で過ごせたことは良かったことの一つ。
チームバスケットということを第一においているので、次々と新たなメンバーが加入した時にも自分たちのやりたいことを互いに理解する時間が必要であり、素晴らしいスタートでシーズンを始めることはできなかったが、それを経て、2020年を共に過ごし自分たちが正しい方向へ成長できているということも感じている。
このチームは非常に素晴らしいチームケミストリーを持っているチームであり、この先も一緒にプレーをしていけば間違いなく素晴らしいチームになっていく自信がある。まだまだシーズンは続くので、これからもっと最高のバスケットをお見せすることができると思う。

■岸田篤生 選手コメント
昨日負けてしまった相手との2戦目ということで、昨日の反省点を全員でしっかり修正してやろうとチームで話をして挑んだ。前半すごく良い入りができ、昨日と同様の試合展開にはなったが、そこで気を抜くことなく後半の入りも昨日よりは良い派入りでスタートすることができた。そんな中で、後半にスタートで出場し、個人としてはノーマークのスリーであったりで貢献することができた。最後はチーム全員で粘り勝つことができたので今日はすごく良い試合ができたと思う。今年最後の試合を勝利で終わることができて良かった。
次節は東地区首位の群馬との対戦。前節で西地区1位の佐賀に対して連勝することができ、チームとしてのまとまりも開幕のころに比べて良くなっている。次節の群馬戦は前回とは全く別の試合ができると思う。群馬の連勝をストップさせるべく挑みたい。

■渡邊翔太 選手コメント
とにかく勝つことができて良かった。
今日は全員出場で勝利することができたのが良かった。ストークスの良いところはどの選手が出てもレベル高くプレーができるところ。今日の試合では、その部分を出すことができたと思う。
自分自身、開幕のころに比べるとスタッツ面でも成長したというのは実感として感じている。ただ、まだまださぼってしまっているなと感じるときがある。特にディフェンス面ではコンスタントに同じレベルでプレーができるようにこれからもっともっとプレーを高めていきたい。

 
GAME HIGHLIGHT