MENU

西宮ストークス

NISHINOMIYA STORKS

MENU
HOME > ニュース > 【GAMEREPORT】2/22 ●西宮ストークス 61-80 仙台89ERS〇

【GAMEREPORT】2/22 ●西宮ストークス 61-80 仙台89ERS〇

いつも西宮ストークスを応援いただきありがとうございます。
2/22(土)に実施されましたAWAY 仙台89ERS戦のGAMEREPORTをお届けいたします。
 
【試合結果】西宮 61-80 仙台
BOXSCORE

 

激戦から一夜明けて迎えた東地区首位とのアウェイでの第二戦。序盤は互いに一歩も譲らぬ展開が続き、その中で抜け出した西宮を仙台が追う昨日のような展開。しかし、第2クオーター途中から試合の様相は一変。仙台のタフなディフェンスの前にリズムを崩されてしまう。ミスに加え、タフショットが増え、スコアを動かすことができずに一挙にビハインドを背負う厳しい展開となる。得点が入りだす西宮だが、勢いに乗った仙台のオフェンスを阻止することは容易ではなく、ビハインドは広がるばかり。大きいビハインドを背負っての後半戦ではコンスタントに得点を奪うものの、相手に決め返され流れを変えることはできずそのまま試合終了。61-80、アウェイでの対戦を1勝1敗で終えた。
 
 
 
【第1Q】西宮 23-19 仙台
第1クオーター、序盤からバチバチにハードなディフェンスを敷く両チーム、守備からの組み立てを狙う。先に決めたのは、西宮#13道原、ピック&ロールから落ち着いてジャンプショットを決める。その後#2バーンズがゴール下までペネトレイト、3Pと連取で得点を積み重ねるも、相手にも返され優位に立つことはできず。点差はつかないまま終盤、#9谷が難しいアウトサイドショットを沈め、#8濵高がリバウンドからジャンプショット、リードし第1クオーター終了。23-19、一歩も引かない展開でわずかにリードし第2クオーターへ。
 

【第2Q】西宮 5-22 仙台
第2クオーター、相手に連続でショットを許してしまい少しリズムの悪い立ち上がりとなる。逆転を許してしまうものの、#3松崎のが冷静にフリースローを2本沈め、#9谷がオープンで3Pを沈め再び3点リードに。しかし、仙台の強固なディフェンスの前にターンオーバーを連発、そのうえショットを決めきることができず苦しい展開に。得点が入らない西宮は、相手の勢いを止めきることができず、6分間無得点に終わり、ディフェンスも崩されてしまう。28-41、相手に傾いた流れを引き戻せず、大きく離され後半戦へ。
 


【第3Q】西宮 18-24 仙台
第3クオーター、なんとか早めに追いつきたい西宮は好調の#13道原がジャンプショットに、敵をよく見たアシスト、ドライブインと得点に絡む活躍を見せ、#3松崎も3Pで加勢、得点が入り始める。しかし、仙台のオフェンスを止めることができずなかなか追いつくことができない。その後、#00ウォルドーがゴール下で奮闘し一時7点差まで詰め寄るも、またも沈黙状態が続き残り1分でビハインドは20まで広がってしまう。46-65、厳しい状況は変わらず第4クオーターで勝負をかける。
 
 

【第4Q】西宮 15-15 仙台
第4クオーター、#20岸田のフリースローからスタートし、#47土屋のリングアタック、#15谷口のファストブレイクとじわじわと追い上げを見せる。今日はなかなか流れを掴み切れない西宮、後半まで再び得点が止まる。#8濵高の速攻での鮮やかなステップワークや#3松崎のカットインとらしさを見せるオフェンスを披露するも、相手の勢いは止まらず、追いつくには至らない。最後まで果敢にリングにアタックする西宮だが、大きく開いた点差を逆転する一手は持ち合わせておらず。61-80、大きく前に出た仙台の背中を捉えられずタイムアップ。東地区首位との今季唯一の対戦を1勝1敗の痛み分けで終えた。
 
         
ーーーーーーーーーーーーーーーー

【ヘッドコーチ・選手コメント】

◆マティアス・フィッシャーHC コメント
仙台の皆さんおめでとうございます。非常に良いゲームをされたと思います。非常にフィジカルな展開で、こちらがそれに対応できなかった。良い入りができたが、2Qでリズムを崩し、戻すことが難しかった。ただ、こう言うチームにAWAYで1勝できた事は満足している。

ーーーーーーーーーーーーーーー

\NEXT HOMEGAME!/


神戸トヨペット presents
西宮ストークス VS Fイーグルス名古屋
チケットはコチラ▶
https://www.storks.jp/news/game_20200215_20200216/