MENU

西宮ストークス

NISHINOMIYA STORKS

MENU
HOME > ニュース > 【GAMEREPORT】2/9 〇西宮ストークス 102-93 アースフレンズ東京Z●

【GAMEREPORT】2/9 〇西宮ストークス 102-93 アースフレンズ東京Z●

いつも西宮ストークスを応援いただきありがとうございます。
2/9(日)に実施されましたHOME こだま病院 presents アースフレンズ東京Z 戦のGAMEREPORTをお届けいたします。
 
【試合結果】西宮 102-93 東京Z
BOXSCORE

 

昨日接戦を制した東京Zとの第二戦、連勝を目指す戦い。昨日同様先にリードを得た西宮。開始からアウトサイドショットとドライブインがよく決まり西宮らしいリズムでアドバンテージを得る。中盤からじわじわと点差を縮めてくる相手に対し、なかなか引き離せないもやもやした展開が続く。じりじりと点差が詰まっていき、最終クオーターで逆転を許してしまう苦しい展開に。しかし、すぐさま取り返し、試合は一気にシーソーゲームの様相を呈していく。どちらもあと一歩が出ず、同点のまま勝負は延長戦へと突入する。オーバータイムに入ると、ゴール下で#00ウォルドーが圧倒的な力を見せつけ、再度大きくリードを広げようとする。102-93、オーバータイムにもつれ込む接戦を制した西宮。今季の東京Zとの戦績を2勝2敗まで引き戻した。
 

 
【第1Q】西宮 23-16 東京Z
第1クオーター、あいさつ代わりの#13道原のドライブインからゲームをスタートする。その後、#13道原、#15谷口が連続3Pを沈め8-2、と走り出す。その後、#15谷口の強気のバスケットカウント、#13道原のアウトサイドと5分間で16得点、リードを二桁に。終盤も#8濵高がリバウンドを空中でキャッチしそのままイン、#9谷がゴール下でねじ込むなど攻撃の手を緩めず。23-16、西宮がリードする展開で第1クオーター終了。
 


【第2Q】西宮 16-18 東京Z
第2クオーター、#00ウォルドーのインサイド、#9谷のカットインとリズムの良いオフェンスを続ける西宮。しかし、相手も落ち着きを取り戻し、確実に加点を続けられ、なかなかリードを大きくすることができない。後半に入るとお互いに少しずつ得点するペースが落ちていく。39-34、西宮リードは変わらず第2クオーター終了。
 


【第3Q】西宮 24-22 東京Z
第3クオーター、早くも本日15点目となる#13道原の3Pショットやファストブレイクでの#2バーンズの3Pと外角から攻める西宮。それに対し東京Zにインサイドで得点を許したうえに、3Pも決められ1点差まで詰め寄られる。終盤、#00ウォルドーが安定感抜群のゴール下での強さを発揮し、止まらない#13道原が3Pを決め再びリードを広げていく。63-56、#35内藤が冷静に3Pを沈め、一時縮まったリードをしっかり取返し最終クオーターへ。
 
 
【第4Q】西宮 21-28 東京Z
第4クオーター、ゾーンディフェンスからの3P攻勢に出た東京Zに3連続で3Pを許し開始2分で同点とされてしまう。タイムアウトを請求した西宮だが、相手の合わせからのダンクでついに本日始めて相手に前に出られてしまう。その後、互いに得点を続けるもどちらも抜け出すことはできず。残り44秒で速攻から#20岸田がリードを3点にする大きなショットを決める。しかし、相手のタイムアウト終了後、すぐに3Pを決められ同点に。残り時間わずかながらもお互いオフェンスを1本ずつ行うも、どちらも決めきることができず、勝負はオーバータイムに持ち越しに。
 

【OT】西宮 18-9 東京Z
オーバータイム、先に流れを掴みたい西宮は、#9谷がオフェンスリバウンドに飛び込み得点、さらに#00ウォルドーがドライブインからリングに叩き込み波に乗る。その後も#00ウォルドーが大爆発、フリースローまでしっかりと決めきり10得点を挙げる活躍でみるみるうちに相手を引き離す。102-93、クロックを止める相手の策もフリースローを決めきってさらに点差を離したところでタイムアップ。西宮の勝利で、今季の東京Z戦をイーブンまで戻した。

 
     
ーーーーーーーーーーーーーーーー

【ヘッドコーチ・選手コメント】

◆マティアス・フィッシャーHC コメント
テストを受けたような試合だった。前半は昨日に比べて相手のオフェンスを抑えることができ、自分たちのオフェンス面においても良い展開を作れた。少し早い段階でディフェンス面での集中力が切れたことによって相手の追撃を受けてしまった。残り5分を切って4点負けているという状況から、いかに再度集中してこの試合を勝ちに持っていくのかというのは我々に課されたテストのようだった。最後の5分間、選手たちが非常に良い動きをしてくれたのは満足している。

◆濵高康明 選手 コメント
今日はプロデビューからちょうど一年で。思いの詰まった試合だった。去年のデビュー戦は今でも鮮明に覚えている。
今日の試合は「初心忘るべからず」ということでデビュー戦を思いつつ全てのプレーにおいてアグレッシブに挑んだ。1年前は負けてしまい、悔しい思いをしたが、今日の試合しっかり勝つことができて良かった。

ーーーーーーーーーーーーーーー

\NEXT HOMEGAME!/


サンワカンパニー presents
西宮ストークス VS 信州ブレイブウォリアーズ
チケットはコチラ▶
https://www.storks.jp/news/game_20200215_20200216/