MENU

西宮ストークス

NISHINOMIYA STORKS

MENU
HOME > ニュース > 【GAMEREPORT】1/18 ●西宮ストークス 74-77 Fイーグルス名古屋〇

【GAMEREPORT】1/18 ●西宮ストークス 74-77 Fイーグルス名古屋〇

いつも西宮ストークスを応援いただきありがとうございます。
1/18(土)に実施されましたAWAY Fイーグルス名古屋 戦のGAMEREPORTをお届けいたします。
 
【試合結果】西宮 74-77 FE名古屋
 

BOX SCORE
 

同地区でしのぎを削るFE名古屋とのアウェイでの一戦。開始から、内外から攻め立てていく西宮はわずか5分で二桁のリードを得ることに成功する。このまま波に乗るかに思われたが、FE名古屋も粘りを見せじりじりと追い上げを図られる。中盤、西宮の得点が止まる間に外角から連取されリードがビハインドに変わる。しかし、我慢を見せフリースローなど確実に加点し大きく引き離されることなく試合を進める。大きな波を掴むことは叶わないが一桁差のままついていく西宮は終了間際に3点差まで迫るも最後の一本を決めることができず試合終了。74-77、スタートこそよかったものの、勝ち切ることができず。悔しい黒星となった。
 
 
 
【第1Q】西宮 20-15 FE名古屋
第1クオーター、西宮は#00ウォルドーのリバウンドショットで先制すると、#3松崎が強気なドライブインからバスケットカウントで続き5-0のランに成功。その後も#00ウォルドーのインサイドを中心に加点しつつ、#15谷口がコーナーから3Pを沈めリードを二桁とする。中盤以降徐々に相手に詰め寄られるもフリースローを得てこれを着実に決めていきなんとかリードを保つ。20-15、スタートダッシュを決め第1クオーター終了。
 


【第2Q】西宮 15-23 FE名古屋
第2クオーター、#8濵高がスティールからそのまま自ら得点を挙げチームを盛り立てる。さらに#20岸田がしっかりとオープンでのアウトサイドを沈め、リードを広げる。しかし、相手に3P、インサイドと好き放題暴れられてしまい一挙に逆転を許してしまう。その間、西宮は先ほどまでのムードから一変、得点が止まる。流れが相手に傾いてしまったものの、ハードなディフェンスから相手のターンオーバーを誘うなど奮闘、#00ウォルドーのパワープレイや#13道原、#2バーンズのフリースローでなんとか食らいつく。35-38、逆転を許してしまいビハインドで試合を折り返す。
   


【第3Q】西宮 16-21 FE名古屋
第3クオーター、西宮は#2バーンズ、#15谷口の連続3Pで追い上げを試みるも相手にあっさりと返され追いつくには至らない苦しい展開を強いられる。なかなか決め手を掴むことができないまま厳しいオフェンスが続く西宮を尻目にFE名古屋は着実に加点していきじわじわとビハインドが大きくなっていく。終盤、#00ウォルドーの果敢なリバウンドショット、#2バーンズのタフなディフェンスからの速攻で少し詰め寄ったところで第3ピリオド終了。51-59、劣勢は変わらず第4クオーターへ。
 


【第4Q】西宮 23-18 FE名古屋
第4クオーター、どちらも譲らず、西宮はインサイドを軸に得点を挙げて流れを掴もうとすると、FE名古屋はジャンプショットでこれを断ち切る。中盤互いにリングに嫌われ得点がストップする。5点差までは何度も詰め寄ることができる西宮だが、あと一歩が出ずだんだんと残された時間が少なくなっていく。残り1分で6点差となり苦しむも、45秒を残し#13道原が値千金のバスケットカウントを決め3点差とする。その後最後のオフェンスで3本の3Pを放つ西宮だが、どれも沈めることができずタイムアップ。74-77、あと一本まで詰め寄った西宮だが3点が遠く力及ばず敗戦。
 
 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

【ヘッドコーチ・選手コメント】

◆マティアス・フィッシャーHC コメント
FE名古屋の皆さんおめでとうございます。非常にいい試合だった。いいスタートを切れたが、試合を通して集中し切れなかったことが痛かった。しかし、決して諦めずに中盤試合の展開をひっくり返すところまでいけたところは良い点だった。

ーーーーーーーーーーーーーーー

\NEXT HOMEGAME!/


西宮ストークス VS 熊本ヴォルターズ
チケットはコチラ▶
https://www.storks.jp/news/game_20200125_20200126/
西宮ストークス オリジナルグッズ販売中!