MENU

西宮ストークス

NISHINOMIYA STORKS

MENU
HOME > ニュース > 【GAMEREPORT】12/27●西宮ストークス 83-84 ライジングゼファー福岡〇

【GAMEREPORT】12/27●西宮ストークス 83-84 ライジングゼファー福岡〇

いつも西宮ストークスを応援いただきありがとうございます。
12/27(金)に実施されましたAWAY ライジングゼファー福岡 戦のGAMEREPORTをお届けいたします。
 
【試合結果】西宮 83-84 福岡
 

BOX SCORE
 

年内最後のゲームとなるアウェイ福岡戦第一戦。第1クオーターで福岡に前に出られ苦しい展開で試合が進む。しかし、苦しい時間帯を全員ディフェンスでカバーしながらアウトサイド中心に得点を重ねていき、流れを徐々に引き寄せる。勢いづいた攻撃で後半を迎える前に逆転することができた西宮。後半波に乗り二桁のリードを得た西宮だが、その後福岡に追いつかれ、均衡状態へ。最終クオーター終盤まで、どちらにも流れが傾かないまま時間が経過する。しかし、終盤福岡に連取を許し残り約2分で9点差と厳しいシチュエーションとなる。その後#9谷が連続で3Pを沈め詰め寄るも、わずかに届かず。83-84、序盤のビハインドを巻き返し終盤に走られた分も巻き返した西宮だが、あと一歩が出ず、悔しい負けをつけた。
 

   
 
【第1Q】西宮 12-20 福岡
第1クオーター開始からばちばちと火花散る展開が繰り広げられる。西宮はあいさつ代わりに#13道原が3Pショットを沈める。福岡は内角に切れ込む動きが多くリングに近い場所で得点される。しかし、またも#13道原がトップからアウトサイドショットを沈め対抗。半分を経過し8-8とイーブン。福岡#31城宝に3Pショットを決められてからと徐々に西宮のオフェンスが陰りを見せ、後半5分間4得点にとどまってしまう。その間にじわじわとビハインドが広がり第1クオーター終了。12-20、ビハインドを背負ってのスタートとなる。
 


【第2Q】西宮 23-12 福岡
第2クオーター、福岡に先に決められビハインドが二桁になってしまう。しかし、西宮#00ウォルドーが粘り強いリバウンドからフリースローをもぎ取り、得点すると、#8濵高がセカンドチャンスのジャンプっショット、フリースローと続き追い上げを図る。その後互いにショットがなかなか決まらず重たい空気が流れる。福岡に先に抜け出され再びビハインドは二桁に。西宮は#2バーンズが3Pを決めると息を吹き返し5連取、同点とする。途中福岡にタイムアウトを取られるも、勢いそのままに#00ウォルドーのリバウンドショットで逆転に成功。35-32、#3松崎の電光石火のドライブインも飛び出し、前半のうちに逆転し後半へ。
   


【第3Q】西宮 21-21 福岡
第3クオーター、すぐさま福岡に同点にされてからは一進一退の攻防が続く。頼りになるインサイドの要#00ウォルドーのパワープレイに#13道原が2人のディフェンスの間を切り裂くドライブと西宮らしい形で得点を奪い福岡に対抗する。中盤、#3松崎がスティール、ファストブレイクと獅子奮迅の活躍を見せ、さらに#9谷、#00ウォルドーも続き残り2分でリードを10点まで広げる。しかし、タイトになった福岡ディフェンスの前にターンオーバー、タフショットが増えじわじわと点差を縮められてしまう。56-53、勢いに乗りリードを広げるも、終了間際に福岡#24石谷のショットが決まったこともありこのクオーターをイーブンで終え、勝負は最終クオーターへ持ち越し。


【第4Q】西宮 27-31 福岡
第4クオーター、開始から福岡に走られ逆転を許してしまうと再び決められたら決め返すという展開となる。今日得点を稼いでいる#13道原がゴール下で相手をフェイクで翻弄しショットを決め、#15谷口が代名詞になりつつある3Pショットを射貫くなど簡単に主導権は譲らない気迫を見せる。しかし、福岡に外角からショットを沈められるとそのまま連取を許してしまい1:49時点でビハインドが9と苦しい状況に。直後のオフェンスで#9谷がセカンドチャンスから3Pショットを沈め望みをつなぐ。さらに#3松崎が速攻からフリースローを得て、タイムを止めながら得点を稼ぐ。前から仕掛ける西宮はこれが功を奏し、#9谷がカットから再び3Pを決め、1:15、2点差に詰め寄る。再び#9谷がアウトサイドからショットを狙うも決まらず。ここから相手にフリースローを与えクロックの進みは遅くするも、福岡に確実に決められなかなか点差は縮まらないまま試合終了が近づく。80-83で迎えたアウトサイドもタフなショットになり決まらず。その後福岡にフリースローを1本沈められ万事休す。83-84、#15谷口が残り時間僅かで3Pショットを決めるも1点及ばず。83-84、接戦を勝ち切れず僅かな差で敗北を喫した。
 
 
 


ーーーーーーーーーーーーーーーー

【ヘッドコーチ・選手コメント】

◆マティアス・フィッシャーHC コメント
勝利した福岡チーム、おめでとうございます。今日の試合は、オフェンス、ディフェンス共に、自分たちの悪い判断が重なり、その結果、無駄なファウルが重み、相手にフリースローで簡単に得点する機会を作ってしまった。勝つために勝ち取るべきだったリバウンドも相手にとられてしまっていた。今日は福岡が勝利に値する試合だった。

ーーーーーーーーーーーーーーー

\NEXT HOMEGAME!/

2020年のバスケはじめをストークスで!!!
西宮ストークス VS 東京エクセレンス
チケットはコチラ▶
https://www.storks.jp/news/game_20200104_20200105/
西宮ストークス オリジナルグッズ販売中!