MENU

西宮ストークス

NISHINOMIYA STORKS

MENU
HOME > ニュース > 【GAMEREPORT】12/22 〇西宮ストークス 90-89 福島ファイヤーボンズ●

【GAMEREPORT】12/22 〇西宮ストークス 90-89 福島ファイヤーボンズ●

いつも西宮ストークスを応援いただきありがとうございます。
12/22(日)に実施されましたHOME 阪神タイガース presents 福島ファイヤーボンズ戦のGAMEREPORTをお届けいたします。
 
【試合結果】西宮 90-89 福島
 

BOX SCORE
 

昨日快勝を収め、長く続いた連敗を抜け出すことに成功した西宮。連勝を目指して臨む福島戦第二戦。スタートから相手のショットが高確率で決まり、走られてしまった西宮は苦しい展開を強いられる。しかし、徐々に調子を取り戻していった西宮。バスケットカウントや強固なディフェンスからのスティールなどで少しずつビハインドを縮めていき後半に入る前になんとか3点差まで詰め寄る。後半に入っても均衡状態は続くもののなかなか同点、逆転が遠い難しいゲームとなる。しかし、耐え忍んで迎えた最終クオーター1:52、ついに逆転に成功。互いにショットを決め合うもなんとか逃げ切り勝利。90-89、苦しい苦しい試合を粘り強く戦い抜き白星を挙げた西宮、連敗で迎えた年内ホーム最終戦を見事連勝で収めた。
 
 
 
【第1Q】西宮 13-20 福島
第1クオーター、昨日の流れを持ち越したい西宮は#13道原がストップジャンプショットで得点するも、福島のショットが開始からよく決まり2-7と走られてしまう苦しい展開からスタートする。その後も#00ウォルドーが安定感のあるインサイド、#9谷が技ありのフェイダウェイと加点するも、福島のアウトサイドの精度が驚異の確率を見せ徐々にビハインドが広がっていく。13-20、出鼻をくじかれた西宮、早めの逆転を目指し第2クオーターへ。
 


【第2Q】西宮 29-25 福島
第2クオーター、#20岸田が細かいドリブルワークから相手のファウルを受けながらもショットを沈め流れを引き寄せる。その後、相手にフリースローを与えるも、#00ウォルドーが体勢を崩しながらショットをねじ込み、さらにリバウンドをそのままチップインとじりじりとビハインドを縮めていく。福島に対抗され一気に逆転とはいかないが、#2バーンズ、#8濵高の3Pショットで4点差まで詰め寄る。活躍を見せる#00ウォルドーがバスケットカウントを決めたところでついに2点差に。残り40秒で#9谷がスティールからそのまま速攻を決めたところでついに試合は振り出しに。42-45、互いに決め合った後、福島#24鈴木が放ったショットが終了間際にリングを通過し3点ビハインドで前半終了。
   


【第3Q】西宮 25-25 福島
第3クオーター、開始から互いにアグレッシブにリングに攻め込む姿勢を見せ、スコアは動くものの点差が変わらない展開となる。#2バーンズが冷静にジャンプショットを沈め、#00ウォルドーがゴール下で強さを見せ1点差とすると、福島にフリースローやセカンドチャンスをものにされ逆転までは至らない。その後絶好調の#00ウォルドーがポストでのせめぎ合いでオフェンスファウル、はやくも4つ目となり交代。苦しくなった西宮は福島に連続得点を許してしまい点差が離れそうになるも、#13道原がしっかりとノーマークでの3Pを沈めるなど、全員でフォローし、食らいつく。67-70、終盤の#20岸田のドライブインでの連取で途中で#00ウォルドーが退くも、このクオーターをイーブンで終え、最終クオーターへ。
 


【第4Q】西宮 23-19 福島
第4クオーター、先に福島にショットを許すも、#2バーンズのペネトレイトからのバスケットカウントで対抗、主導権は握らせない。その後も#9谷の合わせに#2バーンズから華麗なアシストが飛び出すなど得点は動き続けるも福島のショットをなかなか止められず同点が遠い。しかし、6:27、#20岸田が全員で何度ももぎ取ったオフェンスリバウンドをものにし3Pショットを決め同点に。拮抗した状況となり、互いに譲らず、決められたら決め返す展開になる。1:52、ついに待ちに待った瞬間が訪れる。ファウルを恐れず活躍を見せる#00ウォルドーが相手をかわすショットで念願の逆転に成功、会場が一体となる。ここからゴール下での勝負となり、相手もインサイドで得点、さらに#00ウォルドーが決め返す。0:35、88-89で迎えたオフェンスでも西宮は#00ウォルドーを選択、ファウルを受けながらもショットを沈め、期待に応え、再び逆転。その後、会場を含め全員で守り切り90-89、苦しい展開から劇的な逆転勝利を収めた。
 
 


ーーーーーーーーーーーーーーーー

【ヘッドコーチ・選手コメント】

◆マティアス・フィッシャーHC コメント
昨日とは全く違う激しいゲームとなった。昨日入っていたシュートが入らず苦しい展開になった。福島の3Pの確率が非常に良く、こちらを苦しめた。昨日とは違い、こちらのシュート確率が悪いことに選手たちがコート上で気づき、インサイドゲームを展開することとなった。選手たちがウォルドー選手のところにしっかりとボールを供給したことでゲームの流れを変えることができた。終盤、勝負を決めたのは、良いシチュエーションで良い判断をし、シュートを決めることができたり、良いディフェンスができたりといった細かいところだったと思う。
皆さん、良いクリスマスを。そして良いお年を!

◆道原紀晃 選手 コメント
2連勝できてよかった。阪神タイガースのユニフォームを着用した今節の試合、地元と「阪神」を背負って試合する気持ちで挑んだ。実際に、どのくらいの野球ファンが来てくれたかはわからないが、今日の自分たちのプレーで少しでもバスケの魅力が伝わり、今後少しでも西宮ストークスのホームゲームへも足運んでもらえたら西宮ストークスもBリーグも盛り上がっていくので嬉しい。

◆岸田篤生 選手 コメント
今年最後のホームゲームを勝利で終えることができ、ほっとしている。今日は、ガードとして良い仕事ができたと思う。終盤、ゴールに絡むことも多く、苦しい時間帯にシュートが決められたことは今後にも繋がると思う。最後1点を争う戦いの中で、リバウンドをチームとして取り切れたことが勝利につながった。

ーーーーーーーーーーーーーーー

\NEXT HOMEGAME!/

2020年のバスケはじめをストークスで!!!
西宮ストークス VS 東京エクセレンス
チケットはコチラ▶
https://www.storks.jp/ticket/
西宮ストークス オリジナルグッズ販売中!