MENU

西宮ストークス

NISHINOMIYA STORKS

MENU
HOME > ニュース > 【GAMEREPORT】12/6 〇西宮ストークス 64-62 群馬クレインサンダーズ●

【GAMEREPORT】12/6 〇西宮ストークス 64-62 群馬クレインサンダーズ●

いつも西宮ストークスを応援いただきありがとうございます。
12/6(金)に実施されましたAWAY群馬クレインサンダーズ戦のGAMEREPORTをお届けいたします。
 
【試合結果】西宮 64-62 群馬

BOX SCORE

東地区2位をひた走る群馬とのアウェイでの一戦。互いに流れが入れ替わるような目まぐるしい展開が続く。序盤スタートに成功し、リードを得た西宮だが、波に乗り切ることができず、大きく突き放すことができない。その間に群馬が流れを掴み逆転を許し前半を終了する。第3クオーターで再度逆転に成功した西宮だが、その後は均衡した試合展開となり、どちらも譲らないまま時間だけが減っていく。終盤5点のリードを持った西宮。しかし、終了間際に群馬の追い上げにより1ゴール差まで追いつかれてしまう。タイムアップ直前に群馬の放ったショットがリングに跳ね返り胸をなでおろす。64-62、二転三転する手に汗握る試合を制し、リーグ戦績を16勝まで伸ばした。


【第1Q】西宮 14-12 群馬
第1クオーター、西宮#3松崎のスティールからのファストブレイクでゲームをスタートする。その後#00ウォルドーがフォワード陣との息の合ったプレイを見せ6-0のランに成功する。更に#13道原、#15谷口がオープンから確実に3Pを沈めリードを広げていく。しかし群馬に終盤に落ち着きを取り戻され、追いつかれる。14-12、相手のドリブルを鮮やかに奪い取った#20岸田がそのままスコアし第1クオーター終了。


【第2Q】西宮 17-23 群馬
第2クオーター、群馬に決められると、#20岸田が3Pを決め返し、#23劉もゴール下で躍動、力強いプレイを見せる。先ほどと同様に徐々に点差を広げていく西宮ペースでの展開を見せる。突き放したい西宮だが、終盤にかけて群馬#12野﨑に内外問わず得点を許してしまいみるみるうちに逆転、ビハインドを広げてしまう。31-35、残り1秒で#13道原がファウルを誘いフリースローを沈めなんとか喰らいつき前半終了。  
 

【第3Q】西宮22-14 群馬
第3クオーター、#00ウォルドーの力強いリバウンドショットに加え、早い展開から#15谷口が3Pショットを沈め、すぐさま1点差に詰め寄る。互いにショットがなかなか決まらず苦しい展開となるも一進一退の攻防を繰り広げ中盤に。#9谷が再び1点差にする3Pショットを決めると、次のオフェンスでさらに3Pをコーナーから射貫き逆転に成功。その後拮抗した状況が続くも、終盤に3連取に成功した西宮。53-49、再びリードを握り第3クオーター終了。
 
【第4Q】西宮 11-13 群馬
第4クオーターになり両チームともスコアが止まり、3分間は2-2と痛み分けとなる。しかしその後の4分は群馬に軍配があがる。インサイドを中心に加点されてしまう状態となるも西宮はショットが決まらずターンオーバーも増やしてしまい無得点、逆転を許す。しかし残り3分で#15谷口がドライブインから沈黙を破り、#3松崎がコートを疾走し得点、再度逆転に成功。さらも#13道原がジャンプショット、#23劉もフリースローを確実に決め1:18で5点のリードとなる。しかし群馬の粘り強さを見せられ0:31で1点差まで詰め寄られてしまう。#00ウォルドーがフリースローを1本決めた後の最後の群馬のオフェンスで放たれたショットはリングを通過せず。64-62、苦しい展開を戦い抜き大きな大きな一勝を挙げた。
 
 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

【ヘッドコーチ・選手コメント】

◆マティアス・フィッシャーHC コメント
良いゲームだったので満足している。特に後半、3Qで22得点ししっかりとオフェンスできたこと、4Qも11点に相手を抑えて良いディフェンスができたことが良かった。けが人がいた中でも、最後までチームとして戦い、ビックポイントを決めることができた。ターンオーバーが多かったのが今日の課題だが、「勝利」することができたのは非常に重要。

ーーーーーーーーーーーーーーー
次節の西宮ストークスホーム戦は12月11日(水)アースフレンズ東京Z戦!
西宮ストークスへの熱い応援よろしくお願いいたします!

試合情報はコチラ▶https://www.storks.jp/news/game_20191211/
西宮ストークス オリジナルグッズ販売中!