MENU

西宮ストークス

NISHINOMIYA STORKS

MENU
HOME > ニュース > 【GAMEREPORT】11/22 〇西宮ストークス 93-84 茨城ロボッツ●

【GAMEREPORT】11/22 〇西宮ストークス 93-84 茨城ロボッツ●

いつも西宮ストークスを応援いただきありがとうございます。
11/22(金)に実施されましたAWAY茨城ロボッツ戦のGAMEREPORTをお届けいたします。
 
【試合結果】西宮 93-84 茨城

BOX SCORE
 

今季2勝を挙げ昨シーズンの雪辱を晴らした茨城とのアウェイの地での一戦。スタートダッシュに失敗するもすぐに立て直し拮抗した展開となる。序盤、茨城のアウトサイドがよく決まり10点のビハインドを背負うことに。しかし、中盤西宮の誇るオフェンス力が爆発、3Pショットを落とさず、逆転に成功する。その後も試合終了のブザーが鳴るまで攻撃の手を緩めずに攻め立てた西宮。#9谷、#13道原が20点を超える得点をマークし見事な得点力で茨城を粉砕。93-84、今シーズン未だ茨城には1勝も許さず、リーグ戦績を15勝まで伸ばした。
 
【第1Q】西宮 18-25 茨城
第1クオーター、開始から少し浮足立ちミスが続き0-5のランを許してしまう苦しい展開に。#13道原がディフェンスを横に揺さぶりショットを決めると固さが取れ落ち着きを取り戻す。その後#9谷のジャンプショット、#00ウォルドーのゴール下のショットで加点しゲーム序盤から一進一退の攻防となる。しかし、茨城#2福澤に3Pを連取されリードを奪われ第1クオーター終了。18-25、後半攻めたてられ第2クオーターへ。

【第2Q】西宮 28-19 茨城
第2クオーター、積極的にリングを狙うも決まらず、相手にダンクを叩き込まれ点差が二桁となってしまう。しかし、静かなエース#13道原が実力を発揮。ドライブインからのストップジャンプ、コーナーでの3P、スティールからファストブレイクと一人荒稼ぎを見せる。さらに#8濵高の3Pが決まり怒涛の勢いでビハインドを2点にする。こうなったら止まらない西宮攻撃陣は外角からのショットをおもしろいように沈め逆転に成功。46-44、このクオーター5本の3Pショットを決めわずかにリードし後半へ。  
 
【第3Q】西宮 28-21 茨城
第3クオーター、変わらず外角からのショットが決まる西宮。さらに外に意識のいった茨城のディフェンスをドライブで切り裂き中での得点も量産。このクオーターは#9谷が大当たり、3P3本を含む13得点の活躍を見せリードをどんどん広げていく。74-65、第2クオーターに引き続き圧倒的なオフェンス力を見せつけ茨城に得点を許しながらも点差をつけて最終クオーターへ。

【第4Q】西宮 19-19 茨城
第4クオーター、ホームコートの利を生かす茨城が勢いに乗りドライブインを仕掛け得点、西宮リードが縮まっていく。だが、#9谷がロング3Pを決め何とか追いつかせず。その後も少し詰め寄られれば落ち着いて取返し相手に付け入る隙を与えず。内外問わず攻め続け試合終了。93-84、スタートの修正をしっかりとして攻撃力で押さえつけ見事アウェイで勝利を収めた。
 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

【ヘッドコーチ・選手コメント】

◆マティアス・フィッシャーHC コメント
お互いにとって非常にオフェンシブなゲームとなった。見に来て下さったファンの皆さんには記憶に残る試合になったかと思う。チーム一丸となり、戦ってくれた選手を誇りに思う。ボールを動かし、オープンなシュートを打つことができたのが、今日の27アシストという数字にも表れている。また、ここまでの試合の中で3Pの確率が63%という試合はなかったかと思う。この数字が今日の試合の勝利のカギとなった。同時に、リバウンドも非常に大きな要素で、前半はリバウンドをとることに苦しんだが、後半は選手たちがハードにプレーし数字を戻すことができた。
そして、昨日は池野MGの誕生日だったので、最高の勝利をプレゼントできた。