MENU

西宮ストークス

NISHINOMIYA STORKS

MENU
HOME > ニュース > 【GAMEREPORT】11/9 ●西宮ストークス 83-88 福島ファイヤーボンズ〇

【GAMEREPORT】11/9 ●西宮ストークス 83-88 福島ファイヤーボンズ〇

いつも西宮ストークスを応援いただきありがとうございます。
11/9(土)に実施されましたAWAY福島ファイヤーボンズ戦のGAMEREPORTをお届けいたします。
 
【試合結果】西宮 83-88 福島

BOX SCORE

東地区3位を走る福島とのアウェイでの一戦。両者一歩も譲らず互角の戦いが続く試合展開となる。西宮は強みであるゴール下を中心に得点を重ねていくも、福島もドライブインやセカンドチャンスをものにし、対抗。どちらも主導権を握ることがないまま2点差で前半を終了する。後半逆転を許してしまった西宮はこの日36得点の活躍を見せる#00ウォルドーを中心に得点していくも、なかなか再逆転はできず。第4クオーターで波に乗った西宮、ダンクも飛び出し終盤でのリードを得て勝利を手繰り寄せたかに思えた。しかし、福島の外角が決まるなか西宮は5分間4得点に終わり福島の逆転を助けてしまう。流れを引き戻せないままタイムアップ。83-88、接戦を勝ち切ることができず、悔しい敗戦となった。
 
【第1Q】西宮 20-19 福島
第1クオーター、#13道原が巧みなドリブルからゴール下へ切り込みショットを決めると、#9谷から#00ウォルドーへアシストが決まり得点を重ねる。しかし、福島もリバウンドショットやドライブインで加点し、西宮は思うようにリードを奪うことができない。20-19、終盤#20岸田のフリースローでわずかに西宮がリードし第1クオーター終了。

【第2Q】西宮 23-22 福島
第2クオーター、大きく戦況に変化はなく、一進一退の攻防が続く。攻め込む福島に対し#8濱高がブロックショットを見せるなど要所でイニシアティブをとる瞬間はあるも流れを引き寄せることは叶わず。中盤同点に追いつかれてからは#00ウォルドーがゴール下で奮闘し、同点から2点リードの繰り返しでしのぎ、なんとか逆転は許さず。残り1分から#35内藤がファストブレイクでのファウルを勝ち取り、その後スクープショットを沈めなんとかリードで折り返す。43-41、拮抗した試合は後半戦へ。
 
【第3Q】西宮21-26 福島
第3クオーター、西宮は変わらずインサイドを中心にオフェンスを展開し、スコアを伸ばす。しかし、福島#9神原の3Pショットで逆転を許すと、#24鈴木にも3Pを2本決められ一挙に7点のビハインドを背負う展開に。追いつきたい西宮は#20岸田がインサイドからのリターンを静かに沈め、速攻をきめるといった活躍で2点差に詰め寄る。しかし、福島も冷静に決め返していき追いつくには至らず。64-67、逆転を許してしまった西宮。勝負は最終クオーターへ。

【第4Q】西宮 19-21 福島
第4クオーター、先ほどのクオーターで活躍を見せた#20岸田のショットからスタート。中盤、#00ウォルドーの連取で逆転に成功すると、#13道原のジャンプショット、#47土屋のファストブレイクでのボスハンドダンクとボルテージはマックスに。とどめの#20岸田の3Pで先ほどとは真逆の7点のリードを得てオフィシャルタイムアウトへ。その後、福島に外角から連続で決められアドバンテージは消えていく。大事なタイムアウト明けの3分間まさかの無得点に終わった西宮は福島の逆転を容易にしてしまう。その後なんとかクロックを止めて粘りを見せる西宮だが、福島に落ち着いて決められ点差は広がるばかり。83-88、逆転に逆転を繰り返した試合を制することができず。明日のゲームで巻き返しを図る。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

【ヘッドコーチ・選手コメント】

◆マティアス・フィッシャーHC コメント
非常に興味深い試合となりました。福島のみなさん勝利おめでとうございます。
非常にいいゲームをプレイされたと思います。特に3Pの確率が非常に高かったです。非常にいいムーブから素晴らしいショットを決めていました。特に勝負の分かれ目になったのは、3Pの確率が福島が54%、我々のローテーションでディフェンスが間に合わず3Pを打たせてしまいました。明日は修正しないといけないと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーー
次節の西宮ストークスホーム戦は11月16日・17日のライジングゼファー福岡戦!
西宮ストークスへの熱い応援よろしくお願いいたします!

試合情報はコチラ▶https://www.storks.jp/news/game_20191116_20191117/
西宮ストークス オリジナルグッズ販売中!