MENU

西宮ストークス

NISHINOMIYA STORKS

MENU
HOME > ニュース > 【GAMEREPORT】11/2 〇西宮ストークス 73-66 山形ワイヴァンズ●

【GAMEREPORT】11/2 〇西宮ストークス 73-66 山形ワイヴァンズ●

いつも西宮ストークスを応援いただきありがとうございます。
11/2(土)に実施されましたHOME山形ワイヴァンズ戦のGAMEREPORTをお届けいたします。
 
【試合結果】西宮 73-66 山形

BOX SCORE

昨シーズン3勝1敗と相性の良さを見せつけた山形との一戦。序盤、タフなディフェンスから山形の出鼻をくじいてファストブレイクを中心に得点していく西宮。対する山形はハーフコートバスケットを展開し、加点していく。攻守ともに力が拮抗し、手に汗握る展開が続く。後半に入ると、西宮は素早いパス展開から観客を魅了するアシストを量産、得点につなげていきリードを広げる。最終クオーターで外角、ドライブと多彩な攻撃で連取し、西宮が大きく前に出る。終盤、山形の攻撃を止めることができない展開となるが、逆転は許さず。73-66、一進一退の攻防を耐え一瞬のチャンスをものにした西宮、リーグ戦績を11勝とした。

 

【第1Q】西宮 20-17 山形
第1クオーター、西宮は#2松崎のスティールからの速攻でスタートを切る。その後#15谷口がエナジー溢れるディフェンスから相手のファウルを誘い出し得点、さらに3Pシュートを沈めるなど奮闘を見せる。試合開始から積極的にリングにアタックしていく両チーム、序盤から一歩も引かない展開となる。20-17、速い展開を得意とする西宮が僅かにリードを得ることに成功し、第1クオーター終了。

【第2Q】西宮 19-18 山形
第2クオーターは#20岸田がリズム良いパス展開から連続で3Pシュートを沈め主導権を握る。しかし、山形にタイムアウトから立て直され、少しずつ点差を縮められていく。西宮は#13道原の滞空時間の長いダブルクラッチや#00ウォルドーのパワープレイで山形のファウルを誘発、着実に加点していき、追いつかせない。39-35、大きく試合展開が変わることなく均衡したまま前半を終了する。
 
【第3Q】西宮 16-11 山形
第3クオーター、アタックを続ける両者だが、なかなかスコアが動かず少し重たい試合となる。西宮は#3松崎から弾丸のアシストがゴール下で待つ#00ウォルドーのもとへ届くと、西宮が波に乗る。#13道原から#3松崎へパスが通ると#3松崎が適をかわしながらも華麗に#00ウォルドーへパスを供給。その後も#13道原がコーナーからショットを沈めるなど5連続得点と一挙にリードを広げていく。55-46、後半に入りエンジンのかかった西宮が点差を広げ最終クオーターを迎える。

【第4Q】西宮 18-20山形
   第4クオーター、スタートから15秒で#9キャプテン谷がベンチ前でチームを勢いづける3Pショットを沈める。その後#35内藤が今季初ブースター待望の3Pを決めると山形のミスを見逃さずファストブレイクを沈め、さらに波に乗る。#9谷がディフェンスの虚を突いた3Pでついにリードを20にし試合を決定づける。意地を見せる山形は積極的なリバウンドや怒涛の攻撃を見せ、追いすがる。西宮は後半5分の間5得点と苦しみ、山形の追い上げを許してしまうも、追いつかれる前にタイムアップ。73-66、勢いのあるオフェンス力でなんとか振り切り勝利を収めた。
 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

【ヘッドコーチ・選手コメント】

◆マティアス・フィッシャーHC コメント
簡単なゲームではなかった。山形は非常に良いゲームをした。特に、前半は39-35というスコアでもありましたし、イージーにポイントを取られすぎた部分もあった。そこから、後半は、自分たちのディフェンスがよりアグレッシブになっていくことによって相手の得点を抑えることができた。また、オフェンスでもスリーポイントを決めることもできたので最終的に勝利することができた。47リバウンド、23アシストまた、相手を70点以下に抑えることができたことには非常に満足をしている。

◆谷直樹 選手 コメント
まず、勝てたことは非常に良かったが、試合の終わり方には課題が残った。明日はもっと自分にとって内容の良い試合にして連勝をここから続けていけるようにしていきたい。今日の勝因は3Qで自分たちの良いディフェンスを良いオフェンスに繋げることができたこと。明日はそれを1試合通して続けたい。

◆岸田篤生 選手コメント
3Qまでは相手の特典を10点台に抑えることができたのはよかった。ただ、4Qの最後の点差が開いたときにミスが増え、追い詰められたのは今後の課題。そこを除いては全体的に良い試合だったと思う。チームとしては、今日の反省を活かし、最後まで気を抜かずにやり切ること。個人としては、ミスを少なくしてしっかりチームをかたせることのできるプレーをしていきたい。

ーーーーーーーーーーーーーーー
11月3日も、ホーム西宮市立中央体育館にて山形ワイヴァンズを迎えての対戦です。
引き続き、西宮ストークスへの熱い応援よろしくお願いいたします!

試合情報はコチラ▶https://www.storks.jp/news/game_20191102_20191103/
西宮ストークス オリジナルグッズ販売中!