MENU

西宮ストークス

NISHINOMIYA STORKS

MENU
HOME > ニュース > 【GAMEREPORT】10/16 ●西宮ストークス 68-72 アースフレンズ東京Z〇

【GAMEREPORT】10/16 ●西宮ストークス 68-72 アースフレンズ東京Z〇

いつも西宮ストークスを応援いただきありがとうございます。
10/16(水)に実施されましたAWAYアースフレンズ東京Z戦のGAMEREPORTをお届けいたします。
 

【試合結果】西宮 68 - 72 東京Z

ホーム連戦の中日となる平日開催のアウェイゲーム、東京Zとの一戦。昨シーズンは5勝1敗と相性の良さを見せつけた西宮だが、開始からターンオーバーが目立ち、思うようにリードを奪うことができず均衡した試合展開に。西宮は#00ウォルドーが要所でポイントを挙げる活躍を見せ、ガード陣がフリースローを獲得し、なんとか相手に喰らいつくような形に。一進一退の攻防を続けていきお互いに体力、精神力ともに削られていく。決められたら決め返す展開が長い時間続くこのゲーム。最後に決めたのは東京Z。外角からのシュート、フリースローを正確に決められ、その後西宮のシュートはネットを通ることはなく。68-72、1試合の間ずっと拮抗した戦いとなっただけに悔しい敗戦となった。


【第1Q】西宮 13 - 15 東京Z

第1クオーター、互いに思うようにショットが決まらず重たい立ち上がりとなってしまう。その後相手のハードなショーディフェンスにターンオーバーを連発してしまう。その間に東京Zに3Pを含む連続得点を許してしまい2-7とランを許してしまう。しかし、#00ウォルドーがゴール下で奮闘、なんとか大きなアドバンテージは与えず。#3松崎、#13道原が強固な守備の間を切り裂いていき、ファウルを誘発、落ち着いてフリースローを沈めていきビハインドをなかったことに。13-15、終了間際に東京Zに決められ終了。



【第2Q】西宮 21- 17 東京Z

第2クオーター、アウェイの空気に飲まれてしまい果敢にゴールに向かう姿勢は見せるものの、4分間無得点に終わり厳しい展開に。しかし、その間アウトサイド陣を筆頭にバチバチにやりあい、タフショットを打たすことに成功し、東京Zを波に乗せきることはせず。やはり頼りになる#00ウォルドーが速攻の先頭を走りスコアを動かすと、バスケットカウントも沈め東京Zに詰め寄る。0:37、#13道原が相手ディフェンスのファウルを受けながらも3Pシュートをリングに通し同点に成功すると、#2バーンズがオーバー4からフリースローの権利を獲得、逆転に成功する。34-32、このクオーター21得点を挙げる得点力の高さを見せつけ逆転に成功し後半へ。
 


【第3Q】西宮 15 - 19 東京Z

第3クオーター、開始から果敢なゴールアタックに対しハードなぶつかり合いと火花散るゲームへ。序盤に東京Zに連続でジャンプショットを決められてしまい、逆転を許してしまうも#3松崎が電光石火のドライブを見せ、#00ウォルドーは相手ディフェンスをはねのけながらショットを沈めるなど一歩も引かず常に逆転できる姿勢で攻め続ける。途中、相手の外角が決まり9点までビハインドを広げてしまう。終盤相手の隙をつき#2バーンズがスティールからブレイクを決めると相手はたまらずタイムアウト。最終クオーターまでに離されたくないと思った矢先、#20岸田が静かにアウトサイドから射貫き第3クオーター終了。49-51、再度ビハインドを背負うも喰らいつき最終クオーターまで勝負はもつれ込む。



【第4Q】西宮 19 - 21 東京Z

  第4クオーター、キャプテン#9谷が大爆発。わずか4分足らずの間に3Pシュートを4本連続で沈める驚異の活躍を見せ、逆転に成功し、さらに点差を引き離していく。その後#00ウォルドーも続き、6分を残し63-56と本日最高7点のリードを得る。完全に波に乗ったかに思われたが、東京Zのあきらめない姿勢の前にミスやファウルを繰り返してしまう。その間に東京Zにじわじわと詰め寄られ残り2分で試合を振り出しに戻されてしまう。なんとかフリースローで得点を積み互角の戦いを見せるも、0:39、東京Z#9久岡の3Pが決まり2点ビハインドに。積極的にショットを放つもリングに嫌われ同点にすることは叶わず。クロックを止めにかかるも、東京Zはきっちりとフリースローを沈め4点の差が開いたところで残りは17秒に。最後までハードなディフェンスを展開した東京Zの前にシュートを打つこともできずボールを奪われタイムアップ。68-72、ぎりぎりの戦いをものにすることができず、敗戦を喫した。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
【ヘッドコーチ・選手コメント】

◆マティアス・フィッシャーHC コメント
まずは勝利した東京Zの皆さんおめでとうございます。非常に良いゲームをされました。
我々にも勝利するチャンスはありましたが、オープンなシュートを決めきれることができなかったのが痛手でした。第4Qで谷選手の連続3Pでリズムをつかみかけた場面もあったが、そのあとにこちらの良くない判断が2つ、3つ重なり、さらに東京Zの2つの3Pでゲームを決められてしまった。これからの長いシーズン、負けることもあるかと思いますが、重要なのは負けから何を学ぶかが重要。

ーーーーーーーーーーーーーーー
10月19日、20日も引き続き、ホーム西宮市立中央体育館にて越谷アルファーズを迎えての対戦です。
引き続き、西宮ストークスへの熱い応援よろしくお願いいたします!

試合情報はコチラ▶https://www.storks.jp/news/game_20191019_20191020/