MENU

西宮ストークス

NISHINOMIYA STORKS

MENU
HOME > ニュース > 【GAMEREPORT】10/5 ○西宮ストークス 91-72 青森ワッツ●

【GAMEREPORT】10/5 ○西宮ストークス 91-72 青森ワッツ●

いつも西宮ストークスを応援いただきありがとうございます。
10/5(土)に実施されました 子育てママの夢が叶う家づくり 株式会社三建 presents 青森ワッツ戦のGAMEREPORTをお届けいたします。
 

【試合結果】西宮 91 - 72 青森  

開幕以来全勝で迎えるホーム第2節、青森との一戦。加古川でのホームゲームとなった今節、開始直後から西宮のシュートが落ちず大きくリードをもったまま進む展開となる。入りに得た大きなリードを徐々に広げつつ西宮の流れが途切れることなくゲームが進んでいく。終盤になっても試合展開は変わらず終了間近に青森の外角が決まるもタイムは残されておらず。91-72とスタートダッシュに成功した西宮が試合を支配し続け試合終了。開幕から未だ負けなしの5勝目を手にした。
 
 

【第1Q】西宮 31 - 15 青森

第1クォーター、西宮は#13道原の鮮やかなドライブイン、#00ウォルド―のダンク、#11俊野の3Pと勢いのよいスタートを切る。その後も#2バーンズの連続3Pシュートや#3松崎のドライブインなど面白いように得点を重ね3:55で20-9とランに成功。対する青森はタイムアウトを請求し立て直しを図るも、西宮の勢いを止めることはできず、ビハインドを大きくしていく一方となる。波に乗った西宮は#20岸田の外角やダブルクラッチなど、攻撃の手を緩めず見る見るうちにリードを広げていく。31-15、スタートからリズムを掴んだ西宮がこのクォーターだけで6本の3Pを沈め大きくリードし第1クォーター終了。

 
【第2Q】西宮 19- 18 青森

第2クォーター、西宮は強固なディフェンスを展開し、相手のターンオーバーを誘発していく。その間も西宮は#15谷口のファストブレイクや#47土屋のステップインなどで得点しリードを最大25とする。終盤、青森の速い展開に押し込まれ少し点差を縮められるも戦況は大きく変わらず第2クォーター終了。50-33、このクォーターも19-18と少し点差を広げることに成功した西宮リードのまま後半へ。
 

【第3Q】西宮 21 - 14 青森

第3クォーターは#2バーンズの3Pからスタートする。後半に入っても西宮の流れのまま試合が進んでいく。西宮#2バーンズがドライブ、3Pと大活躍をみせ再び青森を突き放していく。追いつきたい青森だが、単発に終わりなかなか思うようなゲームが展開できず。71-47、西宮が後半もゲーム展開を掌握し、大幅リードのまま最終クォーターへ。
 

【第4Q】西宮 20 - 25 青森

第4クォーター、西宮サイドの試合が続く。#00ウォルドー、#47土屋とインサイド陣がリバウンドショットや合わせのプレイでリズムよく加点し、相手を寄せ付けず。終盤3P構成で逆転を図る青森はこれを沈めるも時すでに遅し。91-72、序盤に得たリードを守り流れを掴み続けた西宮が勝利を収めた。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
【ヘッドコーチ・選手コメント】

◆マティアスフィッシャーHC コメント
全員出場、全員得点で勝利できたことは非常に嬉しい。コート上にいるどの選手もしっかりとボールをシェアして、ボールを動かし、自分たちのバスケで勝利することができた。特に若手選手が今までの練習での学びをしっかりとコートで表現してくれた。チーム全体として、今節の仕事はまだ50%しか終わっていない。100%の仕事を終わらせるために、今日同様のリズム、強度で、今日と同じムーブメントを行い、明日も良いバスケットをしたい。
6人目のプレイヤーとして自分たちを支えてくれるのがブースター。そのたくさんの温かいお客さんの中で、ホームという雰囲気を感じながら試合ができたことがうれしい。明日も勝って今節も2勝したい。


◆#35 内藤健太 選手コメント
プレータイムをたくさんもらえて、単純に楽しかった。昨シーズンに比べてタイムは減っているが、出場機会を与えられたときに結果を残せるよう、毎試合しっかりと準備をして挑むようにしていた。
これからの試合では、ベテラン選手のチームケミストリーとはまた違った若手選手のケミストリーもどんどん作っていきたい。今日の試合は始めにエナジーを出してプレーができ、点差が少し開いたので気持ちに余裕をもってプレーできた。チームワークがあり、ミスしても下をを向かないところが今シーズンのストークスの強味。今日のプレータイムを良いステップとしてこれからの試合に挑んでいきたい。

◆#47 土屋アリスター時生 選手 コメント
今日の試合は特に、全員が自分たちの力を出し切れたように思う。アグレッシブにディフェンスし、どの選手が出場しても、選手全員が同じようにプレーできたことで、良い流れで試合ができた。久しぶりに長いプレータイムがもらえて、ところどころミスもあったが「挑戦したミス」だったので伸びしろとして今後に繋げたい。


明日、10/6も引き続き、西加古川市立総合体育館にて青森ワッツを迎えての対戦です。引き続き、西宮ストークスへの熱い応援よろしくお願いいたします。
西宮ストークス オリジナルグッズ販売中!