MENU

西宮ストークス

NISHINOMIYA STORKS

MENU
HOME > ニュース > 【GAMEREPORT】9/28 ○西宮ストークス 81-72 愛媛オレンジバイキングス●

【GAMEREPORT】9/28 ○西宮ストークス 81-72 愛媛オレンジバイキングス●

いつも西宮ストークスを応援いただきありがとうございます。
9/28(土)に実施されましたAWAY愛媛戦のGAMEREPORTをお届けいたします。

【試合結果】西宮 81 - 72 愛媛
 
昨日の勝利の勢いにのったまま迎えるアウェイ第2戦。先に流れを掴むことに成功した西宮。#00ウォルド―が27得点を挙げる驚異の活躍を見せ徐々に相手を引き離していくゲーム展開となる。終盤、昨日同様愛媛の追い上げを食らうもこれを上手くかわしさらに点差を広げたところでタイムアップ。81-72と開幕未だ負けなしの4連勝と記録を伸ばし次の試合に繋げた。
序盤、相手のジャンプシュートがよく決まり得点を許すも、西宮は#00ウォルド―が第1クオーターだけで13点と荒稼ぎし、わずかにリードを得る。試合が動いたのは第2クオーター、それぞれの選手が役割を果たし、愛媛の得点を15点に抑えながらも西宮は21点を挙げ、アドバンテージを大きくしながら後半へと進む。
後半に入ると、愛媛の勢いに押され得点の決まらない時間帯ができてしまう。その間に2点差まで追い上げられてしまう。しかし、西宮は上手く全体にボールを散らしフリースローなども獲得しながら、リズムよくネットを揺らしていき追いつくまでには至らせず。相手のミスにも助けられつつ再びリードを広げることに成功。西宮らしいオフェンスを展開しながら、試合終了を迎える。81-72、第2クオーター以降リードを譲らなかった西宮が4勝目を挙げた。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーー
【ヘッドコーチ・選手コメント】

◆マティアスフィッシャーHC コメント
バスケットボールは「流れ」のスポーツですが、その特徴が良く出た試合になりました。
序盤はフィジカルにゲームをスタートすることができ、西宮ペースでゲームを進めることができた。ただ、愛媛は決して諦めないチームで第3クォーターは愛媛の流れになり、非常にタイトなゲームになったが、終盤は再度ボールをシェアし、ディフェンスを遂行することで再度、自分たちのペースを掴むことができた。
我々の今日の目標の一つは昨日よりもしっかり3Pを守ることであり、そちらは少し改善することができた。一方、愛媛が流れをつかんでいるときはオフェンスリバウンドをしっかりとっている時だったので、リバウンドに関してはまだ課題。逆に、ターンオーバーが少なかったのは西宮が流れをつかむ要因になった。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
次節ホームゲームは10月5日・6日に加古川市立総合体育館にて青森ワッツとの対戦です。
詳細はコチラ▶https://www.storks.jp/news/game_20191005_20191006/
引き続き、西宮ストークスへの熱い応援よろしくお願いいたします。
西宮ストークス オリジナルグッズ販売中!