MENU

西宮ストークス

NISHINOMIYA STORKS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > ミオドラグ・ライコビッチ ヘッドコーチの懲罰処分について

ミオドラグ・ライコビッチ ヘッドコーチの懲罰処分について

いつも西宮ストークスへのご声援を賜り誠にありがとうございます。
4月12日(金)に行われた B2リーグ戦 第31節 八王子ビートレインズ vs. 西宮ストークス において、ミオドラグ・ライコビッチ ヘッドコーチが、3Q残り2分02秒頃、アウトオブバウンズのボールをキャッチし、ゴールに向かいショットを放ち、試合の進行を妨害した行為に対して、以下のとおり懲罰処分が決定しましたので、お知らせいたします。

 


● 懲罰対象

ミオドラグ・ライコビッチ ヘッドコーチ

● 対象行為

4月12日(金)開催 2018-19シーズン B2リーグ戦 第31節 八王子ビートレインズ vs. 西宮ストークス において、3Q残り2分02秒頃、アウトオブバウンズのボールをキャッチし、ゴールに向かいショットを放ち、試合の進行を妨害した行為 

● 適用条項

懲罰規程 第5条【懲罰の基準】第3項第7号

● 懲罰内容

戒告(口頭をもって戒める)

<関連リンク>

懲罰規程