MENU

西宮ストークス

NISHINOMIYA STORKS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【試合結果】2018-19シーズン 第29節 西宮ストークス vs. Fイーグルス名古屋 GAME1

【試合結果】2018-19シーズン 第29節 西宮ストークス vs. Fイーグルス名古屋 GAME1

終始クロスゲームを展開したが、最後の最後で力尽き、悔しい敗戦を喫した。

第1Q
西宮21-19FE名古屋
開始早々杉本に3Pシュートを決められるが、速いパス回しからブラッドがフローターでフィニッシュして2点返す。しかし、ここから連続得点を奪われる。それでも、リバウンドなどで粘りを見せ、5:17バーンズの3Pシュートで1点をリードする。このあとはクロスゲームを展開。ウォルドーのインサイドショットを中心にスコアを重ねるが、FE名古屋の高さからインサイドを突破されリードは奪えない。残り12秒大塚がインサイドへ切り込みジャンプショットを決めて同点。このまま終わると思われたが、道原がブザービーターとなるアウトサイドショットを沈めて2点リードで終了。

第2Q
西宮37-42FE名古屋
開始から約30秒で3Pシュートを決められリードを許し、さらに1本スコアされて3点ビハインドとなる。しかし、梁川のインサイドショット、大塚のバスケットカウントとなるレイアップで再び逆転。ここからは第1Qに続くクロスゲーム。5:43に同点となってから、両チーム約2分ショットを放つもスコアを伸ばせない。トランジションを繰り返し、均衡を破ったのはFE名古屋。3:41ソウにインサイドショットを決められ2点ビハインドとなったところでようやくオフィシャルタイムアウト。あけて、フリースローで追加点を奪われるが、2:34松崎の3Pシュートで1点差まで迫る。しかし、直後宮崎に3Pシュートを決められる。2:02ウォルドーがインサイドショットを沈めるが、1:34山本に3Pシュートを決められビハインドは5点となる。このあと両チーム1本ずつスコア。残り3秒で道原がオフェンスファウルをとられるが、追加点はおさえて5点ビハインドのまま前半終了。

第3Q
西宮56-60FE名古屋
9:22内藤の3Pシュートで先制。このあと、ハードなディフェンスでボールを奪い、7:45ファストブレイクから谷がレイアップを沈めて同点。7:12バーンズのショットで逆転に成功するも、ここからFE名古屋に粘りを見せられ、再びリードを許し、流れを掴めない。それでも、ブラッド、バーンズがフリースローのチャンスに追加点を奪って食い下がる。3:14谷が3Pシュートを決めてまたも逆転。しかし、リードを守り切れず残り1分半で再びリードされ、残り24秒にはフリースローで2点献上。最後までショットを放つもスコアを伸ばせず、4点ビハインドで最後の10分へ。

第4Q
西宮74-84FE名古屋
9:44ウォルドーがインサイドショットを沈めて先制。8:32ソウにダンクを決められるが、このあと内藤の連続スコアで再びリードを奪う。しかし、またもここからリードを守り切れず、クロスゲームが続き、1点のビハインドでオフィシャルタイムアウトを迎える。あけてからも、接戦は続く。4:00濵高がねじ込んだショットがバスケットカウントとなり2点リードを奪うが、このあと連続得点を許してあっさりと逆転を許し、残り1分で7点のビハインドを背負う。残り47秒で谷が3Pシュートを決めて4点差まで迫るが、直後谷がファウルアウト。このあと、ターンオーバーなどで連続失点。結果最後はFE名古屋の猛攻に押され悔しい敗戦を喫した。



【主なスタッツ】
●西宮ストークス
<得点>
#00 ブラッドリー・ウォルドー 21点
#2  ドゥレイロン・バーンズ   13点
#9  谷直樹           13点
#35 内藤健太          8点
<リバウンド>
#00 ブラッドリー・ウォルドー 7リバウンド
#2  ドゥレイロン・バーンズ  7リバウンド
#3  松崎賢人         2リバウンド
#8  濵高康明         2リバウンド
#9  谷直樹          2リバウンド
#35 内藤健太         2リバウンド
<アシスト>
#00 ブラッドリー・ウォルドー 6アシスト
#2  ドゥレイロン・バーンズ   4アシスト
#13 道原紀晃         3アシスト


●Fイーグルス名古屋
<得点>
#41 ギャレット・スタツ    32点
#24 ジョシュ・ホーキンソン  18点
#15 ソウ シェリフ        10点
<リバウンド>
#24 ジョシュ・ホーキンソン  13リバウンド
#41 ギャレット・スタツ    13リバウンド
#15 ソウ シェリフ        3リバウンド
<アシスト>
#0  山本エドワード       9アシスト
#11 杉本慶          5アシスト
#24 ジョシュ・ホーキンソン  5アシスト
#41 ギャレット・スタツ    5アシスト
#14 兒玉貴通         3アシスト



【ライコビッチHC試合後コメント】


西宮の選手にファウルがからんでしまって、相手も3ビッグで戦ってきている状況で、最後まで生き残ることができなかったと思います。FE名古屋は、30アシスト、36リバウンドという数字ですけど、スタッツを見ると我々の数字よりもはるかに多いので、簡単なゲームだったように数字上では見えますが、実際はそうではなかったと思います。それに加えて3Pシュートはうちよりもはるかに確率が高かったです。いずれにしても明日は新しいゲームとなるので、自分たちの勝ちたいという気持ち、やれるというところを証明するためにも明日はしっかりと戦いたいと思います。


=======================================================


試合結果詳細はこちら ⇒ https://www.bleague.jp/game_detail/?ScheduleKey=4004&TAB=B