MENU

西宮ストークス

NISHINOMIYA STORKS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【試合結果】2018-19シーズン 第19節 西宮ストークス vs. アースフレンズ東京Z GAME2

【試合結果】2018-19シーズン 第19節 西宮ストークス vs. アースフレンズ東京Z GAME2

前半ゾーンディフェンスに苦しむが、後半に入って連続3Pシュートが決まって流れを掴み2連勝!

第1Q
西宮16-10東京Z
西宮のスタートは、ブラッドリー・ウォルドー、ドゥレイロン・バーンズ、松崎賢人、谷直樹、道原紀晃。
相手に先行されるも、8:48ブラッドリーが今日も西宮の先制点をあげる。7:29道原が中へ切り込んでレイアップを沈める。ここからは一進一退の攻防が続き、互いにリードを許さない。残り4分を切ってからは、相手ファウルを誘ったバーンズがフリースローで追加点をあげると、1:31ウォルドーがレイアップを決めて6点リード。その後、両チーム1本ずつショットを沈め、6点リードのまま終了。

第2Q
西宮27-22東京Z    
8:58ウォルドーのフリースローで先制。そのあともウォルドーの勢いは止まらず、バスケットカウントやインサイドショットを次々と決めて11点リード。その後は、両チームとも得点を奪い合い11点リードのままオフィシャルタイムアウトへ。あけて、西宮はゾーンディフェンスに苦しみ、フィールドゴールが決まらず残り1分で5点差まで迫られる。その後はどちらも追加点をあげられず前半終了。

第3Q
西宮53-35東京Z
9:14道原が3Pシュートを決めて先制。8:44またも道原が連続して3Pシュートを沈め、11点リード。7:52バーンズも3Pシュートを決めて、開始約2分で一気にリードは14点に広がり、東京Zタイムアウト。あけてからも、流れを掴んだ西宮はさらにリードを16点まで広げる。4:30鈴木に3Pシュートを決められ、その後もスコアを奪われる。それでも、残り3分を切って、谷が3Pシュートを決めると、谷口のインサイドショットも決まってリードは15点。2:04谷がまたも3Pシュートを決めて点差は広がる。その後も、フリースローで得点を重ね、結果18点までリードを広げて最終クォーターへ。

第4Q
西宮68-44東京Z
8:41村越にフリースローを与え2点奪われ先制される。西宮は、開始からスコアを奪えず7:25梁川がフリースローを1本決めてようやく追加点。このあとも、フィールドゴールを奪えず時間が経過する。5:35ようやく谷が3Pシュートを決めて15点リード。4:39道原が中へ切り込みレイアップを決めたところでオフィシャルタイムアウト。あけて4:09松崎が3Pシュートを決めて20点リード。このあと、松崎のレイアップが決まり、2:57には上原がバスケットカウントとなるレイアップを沈める。このあと、互いにスコアを重ね、結果相手を44点のロースコアにおさえ、24点のリードで2連勝。ホームのファンの前で見事な勝ち星を掴んだ。


【主なスタッツ】
●西宮ストークス
<得点>
#00 ブラッドリー・ウォルドー 20点
#13 道原紀晃         12点
#9  谷直樹          11点
<リバウンド>
#00 ブラッドリー・ウォルドー 11リバウンド
#2  ドゥレイロン・バーンズ  7リバウンド
#13 道原紀晃         6リバウンド
<アシスト>
#2  ドゥレイロン・バーンズ  7アシスト
#00 ブラッドリー・ウォルドー 3アシスト
#3  松崎賢人         2アシスト
#9  谷直樹          2アシスト


●アースフレンズ東京Z
<得点>
#5  モガ・ラド        14点
#35 高山師門         9点
#27 鈴木空          8点
<リバウンド>
#5  モガ・ラド        18リバウンド
#35 高山師門         6リバウンド
#3  小島佑太         5リバウンド
<アシスト>
#14 柏倉哲平         4アシスト
#2  ウィル・クリークモア   2アシスト
#9  久岡幸太郎        2アシスト


【MVP 道原紀晃選手】



【ライコビッチHC試合後コメント】


非常に自分たちにとって良いゲームだったと思います。選手たちをまずは称えたいと思います。選手たちは特にディフェンス面でエナジーと集中、非常に高いレベルで40分間遂行してくれたと思っています。こういうゲームをこれからも続けていって、しっかりとバスケットボールというのを表現していきたいと思います。これをまた来週からトップチームと当たることになるので、そこからもしっかりと継続して表現していければと思います。(東京Z戦に向けて準備してきたことは?)基本的にこの2日間のために準備してきたことというのは、まずはディフェンス面です。こういう東京Zのようなチームは、オフェンスをしっかりとセットして作ってくるというタイプのチームなので、自分たちにとっては他のチームに比べてディフェンスのしやすい対応しやすいチームだったかと思います。昨日の試合は今日の試合のほぼ倍の得点はとられてはいるんですけど、ディフェンス面でこの2日間できていたことというのは非常に大きかったと思います。昨日と今日とのゲームでひとつ変更したことは、92番、5番の選手のところ、中距離からのジャンプシュートを打たせないようにというところを修正しました。(来週の試合に向けて最も大切なのは)まだまだシーズン長いですし、一番気にかけているのは、選手たちの体力というところです。こういう試合で選手たちのプレータイム、特に普段多くのプレータイム出てる選手たちの出場時間をおさえて彼らを守ることができたのは非常によかったと思います。今後の試合についても、自分たちにとってすべての瞬間が重要だと思っているので、シーズンのはじめも、シーズンの終わりも、常に重要な状況にあると思っていますし、シーズンの終盤にむけてはもっとその重要度が増してくるかと思いますけど、来週FE名古屋戦、非常に強い相手ですけどサプライズで自分たちの強さをしっかりと証明して勝ちを目指したいと思います。

【道原紀晃選手試合後コメント】


前半は5点差ぐらいの接戦になったんですけど、後半西宮の良いところが出て、ディフェンスで相手を止められたかなと、それでゲームが決まったかなと思います。(3Qの頭で連続3Pシュートが決まって流れが変わったと思いますが)2Qで向こうがゾーンをしてこっちがシュートが外から入らなくてという展開が続いていて5点差となってしまって、ハーフタイムでみんなからもヘッドコーチからもオープンになったら3Pシュートを、僕ぜんぜん前半決めていなかったんですけど、打ち続けろということを言ってもらって、最初のオープンであの1本目が入って、流れが変わったというよりは自分自身では入ってよかったという感じでした。(来週に向けての意気込みは)FE名古屋のアウェーで僕たちが連勝できれば、中地区でも上位に食い込んでいけるので、近い試合をみたらそうなるんですけど、まだまだシーズン長いのでコツコツ1勝していくことが大事だと思います。(B2リーグ通算1000得点ですが)ぜんぜんポイントとかはわからなかったんですけど、最後に報告があって自分だけではできないことなので、チームメイトのアシストであったりとかそういうのがあるので、メンバーに感謝したいです。


=======================================================


試合結果詳細はこちら ⇒ https://www.bleague.jp/game_detail/?ScheduleKey=3830