MENU

西宮ストークス

NISHINOMIYA STORKS

MENU
HOME > ニュース > 【試合結果】2018-19シーズン 第14節 西宮ストークス vs. 信州ブレイブウォリアーズ GAME1

【試合結果】2018-19シーズン 第14節 西宮ストークス vs. 信州ブレイブウォリアーズ GAME1

一時は大きくリードを許すも、必死の追い上げを見せ、最終クォーター残り7秒梁川の3Pシュートで逆転に成功!連勝を5に伸ばした!

第1Q
西宮17-16信州
西宮のスタートは、ブラッドリー・ウォルドー、ドゥレイロン・バーンズ、松崎賢人、谷直樹、道原紀晃。
9:11バーンズの3Pシュートで先制。その後、マーシャルのレイアップ、石川の3Pシュートで逆転を許す。6:05道原が冷静に相手ディフェンスをかわしてアウトサイドショットを決めて同点とすると、バーンズが3Pシュートで得点を重ねて5点リード。その後、ターンオーバーやファウルなどで再び同点とされ、3:16マーシャルにインサイドショットを決められ逆転される。しかし、2:47内藤がレイアップを沈めて再び同点。1:08梁川がディフェンスリバウンドを奪ってそのままアウトサイドショットを放って2点リード。残り27秒でウォルドーがこの日自身初得点となるダンクを沈めて4点リード。ところが、残り4秒でマーシャルにバスケットカウントを決められ1点差まで迫られたところで終了。

第2Q
西宮26-33信州
8:56大塚が相手をうまく交わしてショットを放ちこれが決まって先制。ここから、両チームスコアを奪い合いクロスゲームが展開される。オフィシャルタイムアウトあけ、道原のフリースローが2本決まって1点リード。3:46からオフェンスリバウンドで粘って梁川、谷がショットを放つもことごとくリングに嫌われ、追加点を奪えず、3:05佐藤に3Pシュートを決められ2点のリードを許す。それでも、ウォルドーのインサイドショットで再び同点。しかし、2:00マクヘンリーにレイアップを決められ2点リードされたところで西宮タイムアウト。残り1分で道原のフリースローで1点差まで迫るが、ここから3Pシュート、レイアップを決められ6点ビハインドとされ、残り3秒でテクニカルファウルでフリースローを献上。1点を追加され7点ビハインドで前半終了。

第3Q
西宮47-54信州
9:18マーシャルにインサイドショットを決められ先制を許す。その後、道原、ウォルドーが連続スコアを決めて5点差まで迫るが、ここから追加点が奪えず、連続得点を決められ7:35の時点で12点ビハインド。6:41松崎がアウトサイドショットを決めるも、6:27マーシャルに3Pシュートを決められ13点ビハインド。その後、両チーム得点を奪い合い点差は変わらないが、5:04ウォルドーがインサイドショットを奪い、4:33にもウォルドーのショットが決まって9点ビハインド。ところが、ここから追加点を奪えず、信州に連続得点を決められまたも点差が広がり我慢の時間が続く。2:49石川にレイアップを決められ14点ビハインドとなったところで西宮タイムアウト。タイムアウトあけ、梁川やバーンズが3Pシュートを決めて少しずつ点差を縮め、1:16道原がフリースローを1本決めて9点差。残り49秒次はウォルドーがフリースローのチャンスに2本とも決めて7点ビハインド。このあと両チームとも追加点をあげられずそのまま最終クォーターへ。

第4Q
西宮68-66信州
8:45バーンズの華麗なピンポイントパスからウォルドーがショットを決めて先制。この後、信州に連続スコアを許しリードを11点と広げられる。それでも、道原の連続スコアで再び7点差まで迫ってオフィシャルタイムアウトへ。この後、両チーム2点ずつ追加し、3:13梁川が3Pシュートを決めて4点差。2:24続いて谷が3Pシュートを決めてついに1点差まで迫る。1:12道原がフリースローのチャンスに2本とも決めてついに逆転。しかし、残り54秒マクヘンリーにゴール下へうまく抜け出され追加点を許して再び1点リードされる。それでも残り7秒で梁川が逆転の3Pシュートを見事に決める。その後はチームで守り切りタフなゲームをものにして連勝を5に伸ばした。


【主なスタッツ】
<得点>
#13 道原紀晃         16点
#00 ブラッドリー・ウォルドー 14点
#2  ドゥレイロン・バーンズ  12点
<リバウンド>
#00 ブラッドリー・ウォルドー 16リバウンド
#13 道原紀晃         7リバウンド
#2  ドゥレイロン・バーンズ  4リバウンド
#19 梁川禎浩         4リバウンド
<アシスト>
#2  ドゥレイロン・バーンズ  7アシスト
#00 ブラッドリー・ウォルドー 4アシスト
#9  谷直樹          3アシスト


【ライコビッチHC試合後コメント】


非常にバスケットボールをプレーするに値するすばらしい環境で、もちろん勝った部分があるのでうれしいことはうれしいんですが、こういうすばらしい環境があるということでゲームをとおして40分間楽しめました。これまでとここ数試合との自分たちの違いというのは、リバウンドをしっかりとコントロールできているという部分です。それによってすべてのことが簡単になってきます。今日の試合で改善点があるとすれば、自分たちがおかしてしまったたくさんのターンオーバーの部分です。それによって非常に難しい試合にしてしまいました。ターンオーバーの部分というのはちゃんとコントロールするように選手たちに求めていきたいと思います。それと同時に40分間非常に強く戦ってくれた選手たちにおめでとうと言いたいです。


=======================================================


試合結果詳細はこちら ⇒ https://www.bleague.jp/game_detail/?ScheduleKey=3752&TAB=B