MENU

西宮ストークス

NISHINOMIYA STORKS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【試合結果】2018-19シーズン 第3節 西宮ストークス vs 熊本ヴォルターズ GAME1

【試合結果】2018-19シーズン 第3節 西宮ストークス vs 熊本ヴォルターズ GAME1

ディフェンスでリズムを掴み、ホーム開幕戦の勝利が今シーズン初勝利となった!

第1Q
西宮17-14熊本
西宮のスタートは、ドゥレイロン・バーンズ、谷直樹、道原紀晃、谷口淳、土屋アリスター時生。
開始2分近く両チームスコアが動かなかったが、8:13ドゥインカーにインサイドショットを決められ先制を許す。しかし、7:53道原がディフェンスの間を縫ってバックレイアップを決めて会場が一気に沸く。ところが、またもドゥインカーに3Pシュートを決められる。それでも、6:01土屋がペイントエリアでジャンプショットを決めて食らいつく。その後も熊本の外国籍選手2人の攻撃が止められず、わずかながらリードされた展開が続く。しかし、3:43今日のホーム開幕戦がデビューとなったウエストがミドルショットを決めて日本での初得点をあげると、ジリジリと追い上げ、2:11松崎のレイアップでどついに同点とする。その後、両チーム得点を奪い合い同点のまま迎えた残り2秒の攻防でバーンズのバスケットカウントが決まり、3点リードして終了。


第2Q
西宮37-24熊本
9:46松崎が得意のファストブレイクからのレイアップを決めて先制。その後も谷、ウエストが得点を重ねわずかながらもリードを保ち、5:27道原の美しい弧を描いた3Pシュートが決まりリードは6点。4:56内藤がこの日初得点となるジャンプショットを決める。4:23道原のスティールからバーンズが3Pシュートを沈めさらにリードを広げる。その後、両チームともゴールを決めきれず、2:36ようやくウエストがインサイドショットを沈めて11点リードとする。さらに、1:38バーンズが流れをさらに引き寄せる3Pシュートを決める。残り1分を切ってから両チームともにフィールドゴールが決まらず13点リードのまま前半終了。

第3Q
西宮58-42熊本
9:35ウエストがインサイドショットを沈めて先制。8:42道原が3Pシュートを見事沈め、さらにリードを広げる。その後もウエストを中心に着々と得点を重ね、20点と大きくリードを広げる。5:10谷口がこの日は自身初となる3Pシュートを決めて得点を奪うと、ここからディフェンスで粘りをみせ、3:06谷がまたも3Pシュートを決めてチームのムードは一気に広げる。ところが、ここからフィールドゴールを決められず我慢の時間が続くが、1:15松崎がチームに流れを引き寄せるレイアップを決めていく。さらに、谷、ホワイトらの活躍で得点し、リードを大きく保ったまま最終クォーターへ。


第4Q
西宮83-70熊本
9:23谷のレイアップで先制すると、その後も谷中心で攻撃を展開する。ところが中盤フィールドゴールが決まらず、一度は20点差あったリードが、じりじりと詰まっていく。不用意なファイルもあり、8点差まで迫られるが、ウエストのポストプレイを中心にスコアし、相手に追いつかれるまでには至らず終盤まで点の奪い合いが続く。2:48松崎がスティールからレイアップを決め、1:40には谷口がこの日自身2本目となる3Pシュートを決めていく。終盤はフリースローの応戦となり、谷がチャンスにすべて決めてまたもリードを広げる。残り24秒でウエスト選手がようやくダンクを披露し、会場は大いに盛り上がる。そして最後まで逃げ切り13点リードで試合終了。ホーム開幕戦で今シーズン初勝利を飾った。


【主なスタッツ】
<得点>
#11 アレン・ウエスト    24点
#9  谷直樹         17点
#2  ドゥレイロン・バーンズ 15点
<リバウンド>
#2  ドゥレイロン・バーンズ 14リバウンド
#11 アレン・ウエスト    13リバウンド
#9  谷直樹         5リバウンド
<アシスト>
#2  ドゥレイロン・バーンズ 3アシスト
#11  アレン・ウエスト    3アシスト
#13 道原紀晃        3アシスト



【ライコビッチHC試合後コメント】


0勝4敗から今日の試合勝てたことでまずは満足しています。最初の3つのクォーターは勝ったということだけではなく、ディフェンスをみんなすごく頑張ったと思います。先週の日曜日の仙台戦もディフェンスは良かったんですけど、外国人が1人出られなかったり2人出られなかったりで、結果が伴わなかったですが、自分たちのディフェンスというのは信じてやってきたので良かったです。先ほども言いましたが、勝っただけではなく、最初の3つのクォーターでものすごく良いプレーができていたことがうれしいです。今出ているスタッツが最終どうかわかりませんが、52本のリバウンドを取れているということが、今までのチームでは見たことがないくらいよかったです。見に来てくれている皆さんに若い選手たちがどれだけやれているのかということを見せることができて、特に土屋選手はスタートで出て、自分の仕事を全うできたと思います。その次、内藤に関しても大事なところで出てきて良い仕事をしてくれました。途中で足をひねったようなので、それ以上プレーさせませんでしたけど、皆さんは驚くかもしれませんが、この2人は将来チームを背負っていくと思います。今この試合が終わってエナジーレベルが上がったと思いますし、またそれを出していかなければならない。皆さんに今日のようなプレーを毎回できるようにするために。もし、それができるというふうに証明できたのなら、これからどんどん勝ち星を挙げていけると思います。


【道原紀晃選手試合後コメント】


ホームに帰ってきて4連敗してたんですけど、この体育館で1勝できたことが、内容はもっと直さないとならないところがありますが、すごくほっとしているというのが正直なところです。相手の外国人選手が得点力もあって、どこもケアしなければならない状態だったんですけど、向こうのシューターもあまり3Pシュートも入ってないと思うので、そこを向こうがリズム掴めなかったところを、こちらがディフェンスでできたというのは今週ずっと練習でやってきたことだったので、すごく良かったかなと思います。