MENU

NISHINOMIYA STORKS

MENU
HOME>ピックアップ>2016-2017 SEASON YANAGAWA SEAT 報告
 

2016-2017 SEASON YANAGAWA SEAT 報告

子どもたちを元気にさせたい。

梁川禎浩選手が2014-15シーズンより、地域貢献活動の一環として、養護施設の子どもたちをホームゲームに招待する活動を行ってきました。普段スポーツに関わる機会の少ない子どもたちに、バスケットの楽しさやプロの迫力を間近で体験してもらい、少しでも子供たちが元気になってもらいたいという想いで活動を行っております。
2016-17シーズンより、児童養護施設だけでなく、養護学校に通う子どもたちや、様々なハンディキャップを持った子どもたちを対象に、活動の場を広げ、たくさんの子どもたちに試合観戦に来ていただきました。また、試合観戦に来ていただいた子どもたちにはパワーハウス神戸店さんご協賛のYANAGAWA Tシャツをプレゼントし、試合終了後にコートでの記念撮影を行いました。

 

実 績

  • ホームゲームへご招待

  • ホームゲームへご招待

対象 ・児童養護施設に通う子どもたち
・様々なハンディキャップを持った子どもたち
・様々なハンディキャップを持った子どもたちのご家族
・児童養護施設や養護学校の職員さん
招待試合 西宮ストークス ホームゲーム
参加施設 〇子ども発達支援センター
〇かるがも園
〇聖智学園
〇睦の家
〇芦屋特別支援学校
〇博愛社
〇泉心学園
〇信和学園
参加人数 201名
協賛 POWER HOUSE 神戸店

子どもたちの声